「薬害イレッサ訴訟の早期全面解決をめざす2・8総決起集会」が開催されました!

2011年02月08日

2月8日,大阪で「イレッサ訴訟の早期全面解決をめざす2・8総決起集会」が開催されました。
野田淳子さんのミニコンサートに始まり,西日本弁護団からの情勢報告,原告からの訴え,支援者からのメッセージと続き,決議文採択,行動提起をおこない,盛況のうちに閉会となりました。

原告からの訴えでは,「わかっていた情報をなぜすぐに教えてくれなかったのか」「副作用で死ぬ可能性があるとなぜ知らせてくれなかったのか」「がん患者だからこそ納得のいく最後を迎えさせたかった。苦しみながら死ぬとわかっていたら薬を飲ませなかった」といった発言が続きました。

原告の訴えに続いて,応援に駆けつけてくださった,大阪労連,北区労連,全薬会議,薬被連,泉南アスベスト国賠訴訟弁護団,ノーモアミナマタ訴訟原告団,B型肝炎訴訟原告団・弁護団の各代表の皆さんから「一緒に頑張りましょう」という応援のメッセージをいただきました。

また、民主党、自民党、公明党、共産党の14名の国会議員の方々からメッセージをいただきました。

この集会の成果を力に,薬害イレッサ問題の全面解決に向け,頑張っていきたいと思います。
ご参加いただいたみなさま,ありがとうございました。

IMG_6206.jpg

ページの先頭へ