公明党山口代表、イレッサ問題の早期解決を求める

2011年01月25日

1月25日、公明党の山口那津男代表は、薬害イレッサ問題について「患者の救済を、まず旨として考えるのが筋だ」、「再発防止体制の確立へ早急な対応を促したい」と述べ、早期解決を求める考えを示しました。

詳細につきましては、公明党のホームページに掲載されていますので、ご覧ください。
http://www.komei.or.jp/news/detail/20110126_4321

ページの先頭へ