国立がん研究センター見解に対する反論

2011年01月24日

24日、国立がん研究センターは、「イレッサの和解勧告案に対する国立がん研究センターの見解」を発表しました。
しかし、上記見解は、和解所見の内容を正確に理解せずに、または、和解所見の内容を不当に歪曲するものです。
和解所見は、現場の医師に適切な情報提供をすべきであったと指摘しているにすぎません。
このような、がん患者の方の不安をあおり、和解による解決を妨害するやり方は、がん治療の最先端を担う、国立がん研究センターの役目に反するものです。

国立がんセンターの見解に対する、原告団・弁護団の見解を作成しましたので、ご覧ください。

がんセンター見解への反論.pdf.pdf

 

ページの先頭へ