日本臨床腫瘍学会の見解に対する反論

2011年01月29日

 1月24日、日本臨床腫瘍学会は、「肺がん治療薬イレッサの訴訟にかかる和解勧告に対する見解」を公表しました。
 しかし、その内容は、和解勧告の内容を曲げて「後知恵に基づく批判」などと述べるものであり、また、誤った勧告批判によって無用にがん患者の不安を煽る内容となっています。
 原告弁護団は、この見解に対する批判の見解を公表しました。

 日本臨床腫瘍学会見解について.pdf.pdf

ページの先頭へ