薬害イレッサ訴訟大阪判決院内報告集会が開催されました!

2011年03月02日

 3月2日12時30分から、衆議院第二議員会館において、「大阪判決報告 薬害イレッサの早期全面解決をめざす院内集会」が開かれました。
国会議員20名のご出席のほか、150名もの方々の参加をいただき、会場を埋め尽くす盛大な集会となりました。
最初に、薬害イレッサ統一原告団代表の近澤昭雄さんより開催の挨拶をした後、薬害イレッサ西日本訴訟弁護団事務局長永井弘二弁護士より、大阪判決では、国のイレッサの副作用に関する対応は万全であったは言い難いと明確に述べており、当時の対応は適切であったという国の主張が退けられたことを説明しました。
議員の方々から、大阪判決を受け政治課題として取り組むべきところは取り組むとともに、国が和解協議を拒否するにあたり、厚労省が医学界に対し見解の下書きを渡したのではないかという疑惑についても追及していくことを述べていただきました。
その他、全国薬害被害者団体連絡協議会代表花井十伍さんより厚労省の対応に対する憤り、薬害肝炎全国原告団代表山口美智子さんから自分たちの問題として行動している旨を表明いただきました。
薬害イレッサ訴訟原告団からご挨拶をした後、最後に、薬害イレッサ訴訟西日本弁護団団長の中島晃弁護士から、大阪判決において国の問題点が指摘された点、製造物責任による生命侵害が認められた点は極めて大きな前進であると説明し、今後のご支援をお願し、集会を終了しました。



出席された国会議員の方々(順不同、敬称略)
民主党   川内博史議員、本多平直議員、山崎摩耶議員、川越孝洋議員、初鹿明博議員、
      福田衣里子議員、三宅雪子議員、井戸まさえ議員、磯谷香代子議員、稲見哲男議員、
      辻恵議員、平山誠議員、長尾敬議員、横峰良郎議員
みんなの党 川田龍平議員
公明党   渡辺孝男議員
共産党   高橋千鶴子議員、田村智子議員
社民党   福島みずほ議員、阿部知子議員

秘書の方が出席された議員の方々(順不同、敬称略)
民主党     田代郁議員、樋高剛議員、金子洋一議員,斎藤嘉隆議員、
        外山斎議員、松野頼久議員
自民党     阿部俊子議員、田中和徳議員、
公明党     漆原良夫議員、江田康幸議員
共産党     志位和夫議員
社民党     中島隆利議員、
たちあがれ日本 園田博之議員
新党改革    舛添要一議員
新党日本総務局 林様

 

ページの先頭へ