全日本民医連が全面解決への努力を求める声明を発表

2011年03月05日

3月5日、全日本民医連が「アストラゼネカ社は、薬害イレッサ訴訟大阪地方裁判所の判決を真摯に受け止め、直ちに被害者との和解の協議を始めること、また、国は行政の立場で全面解決のために努力することを強く要望する」との声明を発表しました。

3月5日 全日本民主医療機関連合会声明.pdf

ページの先頭へ