東日本訴訟控訴審の第1回裁判が開かれました

2011年09月06日

2011年9月6日11時から、薬害イレッサ東日本訴訟の控訴審の第1回裁判期日が開かれました
原告らは、9時から10時まで裁判所前でアピール行動を、10時30分からは入廷行動を行い、11時の裁判を迎えました。
裁判では、始めに近澤さんが原告を代表して意見陳述おこない、その後、原告代理人の水口弁護士、阿部弁護士も代理人としての意見を述べました。
その後、被告双方の代理人が意見陳述を行いました。
近澤さん、水口弁護士、阿部弁護士の意見陳述内容は、意見陳述書をご覧ください。
近澤昭雄さん意見陳述書.pdf
水口弁護士 意見陳述書.pdf
阿部弁護士 意見陳述書.pdf

裁判終了後は、弁護士会館にて報告集会を行い、こちらにもたくさんの方々の参加をいただきました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

次回の東日本訴訟の裁判は10月25日15時30分からです。
次回もぜひ傍聴にお越しください。

DSCF5357.JPG
裁判前で支援の皆さんと早期全面解決を求めるチラシを配りました

DSCF5370.JPG
裁判所への入廷行動

DSCF5392.JPG
報告集会の様子





ページの先頭へ