全国薬害被害者団体連絡協議会が東京高等裁判所判決に対する抗議声明を発表

2011年11月16日

薬害被害者団体で構成される全国薬害被害者団体連絡協議会が、薬害イレッサ東日本訴訟東京高等裁判所判決に対する抗議声明を発表しました。
全国薬害被害者団体連絡協議会 声明.pdf

                          声明


 
私たちは、薬害被害者団体連絡協議会は、薬害イレッサ訴訟について、東京高等裁判所が言い渡した判決に強く抗議します。

 私たちの被害を含め過去の薬害事件は、国や企業が、医薬品の危険性を示す情報があったにもかかわらず、因果関係が明確でないなどという理由で迅速で的確な安全対策がとらなかったことによって生じたものです。

 過去の薬害訴訟の判決や和解勧告所見は、このような姿勢を厳しく批判してきたのです。

 そして、薬事法は、予防原則に基づいて「因果関係を否定できない」副作用報告をもとに安全対策をとることを求めてきました。

 しかし、本日の東京高裁判決は、こうした過去の薬害事件の教訓を無視し、薬害被害者の願いを否定するものです。

東京高裁判決は明らかな誤りであって到底認められません。この判決の誤りは速やかに正されるべきです。

ページの先頭へ